マニュアル/基本概念

ページを1枚の絵として作成するよりもコマの集合体として扱ったほうが編集しやすく、素材の再利用性が高くなります。このことは編集能力向上だけではなく、たとえば、日本語版の作品のふきだしの文字を入れ替え、左右のコマをスワップすることによって英語などの横書き・左とじ版を簡単に作成することができる機能の実現につながっています。

Comipro+ではまんがの構造を次のとおりに定義しました。
ドキュメント
(1)ページ(Page)
(2)コマ(Frame) ページの設定
(3)セル(Cell) (4)ふきだし(Balloon) コマの設定
画像 セルの設定 テキスト ふきだしの設定
表中の「…」は、左側のエレメントが複数個存在しうるこを意味します。

「ページ/コマ/セル/ふきだし」という4つの構成要素(エレメント)に適切な「属性設定」をして「組み立てる」ことによってまんがを作成します。

(1)ページ(Page)

(1)ページ(Page)

ドキュメント中のページのリストが作品となります。
コマのコンテナであると同時に独自の属性を持ちます。

(2)コマ(Frame)

(2)コマ(Frame)

セルとふきだしのコンテナであると同時に独自の属性を持ちます。
ページの中では順番に配置されるだけではなく、適切な大きさと形と位置を与えられてレイアウト(コマ割)されます。

(3)セル(Cell)

(3)セル(Cell)

画像とその属性のバンドルです。
人物と背景に別々のセルにして、背景は使い回すといった使い方ができます。

(4)ふきだし(Balloon)

(4)ふきだし(Balloon)

テキストとその属性のバンドルです。
ふきだしは複数言語分のテキストを持つことができます。

< previous 1 2 3 4 5 6 7 8 next >

アイコン Comipro+
Version 4

動作条件

Mac OS X 10.3.9〜

ダウンロード