マニュアル/アクションリファレンス

セグメント切り替えボタン

セグメント切り替えボタン

編集セグメントを切り替えます。セグメントを切り替えても選択は維持されます。

ズームスライダー

ズームスライダー

ライブラリーシナリオセグメントではテーブルの高さを、レイアウトセグメントでは表示の大きさを設定します。

ステータス表示

ステータス表示

選択したエレメントの名前などが表示されます。

検索フィールド

検索フィールド

フレーズを入力するとライブラリーセグメントに移行し、マッチしたエレメントのリストを表示します。
エレメントの文字情報すべてが検索対象となります。

表示するエレメントのタイプは検索フィールドに付属のメニューで切り替えます。
検索文字列が無いとき、検索フィールドには選択したエレメントのタイプがグレーで表示されます。

セグメント共通の選択

セグメント共通の選択

セグメントを切り替えても選択は維持されます。
ライブラリーセグメントでのみ複数選択が可能です。

インスペクターパネル

インスペクターパネル

シナリオセグメントのインスペクターと同一の構成です。
リセットボタンで個々の属性の設定値を初期状態にもどすことができます。

セルが選択されている場合、インスペクターへの画像ファイルのドロップによってセルの画像を差し替えます。(イメージチェンジ)

新規エレメントと画像のドロップ

新規エレメントと画像のドロップ

ファンクションキー1〜4を押すと新規エレメントが作成されます。
新規のエレメントは、現在選択されているエレメントの付近に作成されます。

セルの場合、画像ファイルをコマにドロップすることによっても作成可能です。

ドラッグ&ドロップ

ドラッグ&ドロップ


レイアウトセグメントでドラッグ&ドロップしたときの挙動は次のとおり。
ドラッグ\ドロップ コマ ボーターバー ベージ
同じコマ 別のコマ
セル 位置の移動 所属の変更
(最上位のレイヤーへ)
× ×
ふきだし 位置の移動 所属の変更 × ×
コマ × コマの順番変更
(次のコマになる)
コマの順番変更
(挿入される)
コマの順番変更
(先頭のコマになる)
ページ × × × ページの順番変更
(次のページになる)

ホットスポット

ホットスポット

エレメントのホットスポットをドラッグすると、通常とは異なる動作をします。
ホットスポット上ではカソールが「+」となります。
エレメントごとの挙動は次のとおり。
エレメント ホットスポットの位置 挙動
セル 周辺部 拡大縮小回転
ふきだし しっぽの先端付近 しっぽの方向と形を設定
コマ 4つの角 角をずらしてコマを変形
ボーターバー 傾けて隣接するコマを変形

ボーターバー

ボーターバー

コマとコマの間の隙間にある棒を「ボーターバー」といい、ふたつの役割があります。

ひとつは、バーの両側のコマの面積配分や形状といった境界の設定(物理レイアウト)です。
中央部をスライドすると、隣接するコマの面積配分を変更します。どちらか一方のコマの面積がゼロになるまでスライドすると、ページ内の論理的なコマ割りの変更を試みます。(縦割りを横割りにする、またはその逆)
端の部分をドラッグすると、ボーターバーが傾いて隣接するコマが変形します。

もうひとつは、コマとコマの間にコマを挿入するためのコマのドロップを受け付けることです。

レイヤー
⇧人物セル(αチャンネル付き)を背景セルより上にドラッグします。

レイヤー

コマ内でのセルのレイヤー順はシナリオセグメントで変更します。

多言語

多言語

ふきだしのテキストは複数言語分もつことができます。
表示と入力の切り替えはメニューでおこないます。
日本語と中国語ではデフォルトで縦書きとなり、とじしろは右側となります。
とじしろが切り替わると左右のコマの位置はスワップしますが、変形(非長方形)コマの形状の左右反転はしません。

日本語用ふきだし特殊機能
⇧漢字にはゴシック体、かなには明朝体が設定されています。

日本語用ふきだし特殊機能

次のふたつの日本語用ふきだし特殊機能に対応しています。(縦書き時のみ)

メニューからライブラリーに画像を登録する

メニューからライブラリーに画像を登録する

「ライブラリーに追加…(Add to Library…)」でフォルダを選択して、画像を登録することができます。
この方法で追加された画像はベージ中にレイアウトされることはなく、一時的にライブラリーに登録されます。
選択したフォルダ中のすべての画像ファイルが登録されます。
ライブラリーセグメントではテーブルに、シナリオセグメントではインスペクター部分にフォルダをドロップして登録することもできます。

ライブラリー(Library)とごみ箱(Trash)

ライブラリー(Library)とごみ箱(Trash)

ライブラリーには一時的に使わないエレメントを入れておくことができます。
ライブラリー中のエレメントはレイアウトの対象になりません。
シナリオセグメントでのみアクセス可能です。
「ライブラリーに追加…(Add to Library…)」で選択したフォルダ中の画像ファイルはセルとしてライブラリーに登録されます。

ごみ箱は、一括削除機能(Undo不可)付きライブラリーです。

レチクル

レチクル

印刷用のレチクルを表示します。
レチクル表示モードでは高品質印刷のため、ふきだしの文字を画像化してキャッシュしないため処理が重くなります。(印刷時のみオンにすることを想定しています)
また、ポップアップしたふきだしにおいて、コマ外の領域に文字が表示されない場合があるので注意してください。

Webとプリント

Webとプリント

「Webに変換(Export to Web…)」または、「プリント(Print…)」によって作品を配布形態に変換します。

作品のURLを“Comipro+ Web Gallery”に登録するには、作品をWebサーバーにアップロードした後、同梱されている申し込み用紙(ランダムな名前のhtmlファイル)を開いて「登録」ボタンを押してください。
ジャンル等の制限はありません。登録した情報の更新および削除は自由にできます。

< previous 1 2 3 4 5 6 7 8 next >

アイコン Comipro+
Version 4

動作条件

Mac OS X 10.3.9〜

ダウンロード