マニュアル/ファイル管理

パスエクスチェンジ
⇧送信先で編集作業を続けるには、Comipro+ドキュメント
だけではなく、使用している画像ファイルも必要です。

パスエクスチェンジ

Comipro+は画像ファイルのパスを記録しています。
「~/folder/file」のようなホームディレクトリーからのパスです。
よって、登録後に画像ファイルのリネーム・移動は基本的にはできません。しかしながら、終始一貫同じコンピューターで画像ファイルの移動等をしないで制作をつづけるというわけにはいかない場合もあります。
そのため、画像ファイルのパスを読み替える機能があります。
ドキュメントファイルが入っているフォルダまたはそのサブフォルダに画像ファイルも存在するパス構成になっていれば、そのドキュメントファイルが入っているフォルダは移動可能です。さらに、より上位のフォルダはリネームすることもできます。

ドキュメントファイルのパスを「~/new/key/the.comipro」、記録された画像ファイルのパスを「~/old/key/sub/any.jpg」とします。(画像登録後、フォルダ「old」を「new」にリネームしたという設定です)
Comipro+は本来の画像ファイルのパス「~/old/key/sub/any.jpg」にファイルが無いとき、ドキュメントファイルが入っているフォルダ名「key」をキーとしてパスを読み替え、下表中の灰色のパス「~/new/key/sub/any.jpg」にアクセスします。
ドキュメントファイルのパス ~ / new / key / the.comipro
画像ファイルのパス ~ / old / key / sub / any.jpg
「key」は移動可能、「new」もしくはその上位フォルダはリネームすることもできます。

拡張子
⇧おなじフォルダに同名でペイントアプリのドキュメント(拡張子無し)
と一般的な形式の画像ファイル(jpg)が存在するようにすると
Comipro+を便利に使えます。

拡張子

Comipro+は画像ファイルのパスのうち、拡張子の部分を保存しません。
ファイルを使用するとき、記録された名前で異なる拡張子のファイルが複数あれば、その時点で更新日時のもっとも新しいファイルを使用します。
さらに、アブリ内部でファイル使用する場合と、メニューコマンド「アプリケーションで開く(Open with Application)」では異なる拡張子をもつファイルを優先させます。

アブリ内部でファイル使用する場合は、jpg, gifなどの一般的な画像ファイルの拡張子をもつファイルを使用します。
メニューコマンド、「アプリケーションで開く(Open with Application)」では一般的な画像ファイルの拡張子以外の拡張子をもつファイル(おそらく、ペイントアプリのドキュメントで拡張子無しも含む)を開きます。ペイントアプリのドキュメント(と推定されるファイル)が無ければ一般的な画像ファイルの拡張子をもつファイルを開きます。

このしくみは、次のような作業ループを想定してのものです。
1. ペイントアプリで画像を作成する
2. 一般的な形式の画像ファイルを、同じフォルダに同じファイル名で拡張子を変えて保存する
3. 画像をコマにドロップして登録する(ペイントアプリのドキュメントと一般形式ファイルのどちらでも可)
4. 「アプリケーションで開く(Open with Application)」でペイントアプリを開く
5. ペイントアプリで画像を修正する
6. 一般的なファイル形式の画像ファイルを上書き保存する
7. 「リロード(Reload)」する
8. 4に戻る

< previous 1 2 3 4 5 6 7 8 next >

アイコン Comipro+
Version 4

動作条件

Mac OS X 10.3.9〜

ダウンロード