点棒

コマとコマのすきまに埋まっている長円は「点棒」(1)(2)、ページ先頭および末尾にある長円を半分に割った形の棒を「半点棒」(3)(4)といい、これらはComipro+でのまんが文書編集において非常に重要な役割を担っています。

点棒と半点棒は、テキストエディタのIビームカーソルのようなエレメントやイメージファイルのドロップを受け付けるエリアです。点棒にはさらに、隣接するコマの面積配分と変形(Comipro+では「物理コマ割り」と呼んでいます)を調整するためのドラッグエリアでもあります。
また、点棒・半点棒とも中央部にトグルスイッチがあり、オンにすることによってコマとコマが「強い区切り」であることを宣言します。

ムービーの流れ
コマとセルを作成
イメージファイルを点棒にドロップすると、コマとセルがいっしょに作成されます。
コマの面積配分を変更と変形
横型点棒(1)は上下に、縦型点棒(2)は左右にドラッグして隣接するコマの面積配分を変更します。端をの部分をドラッグすると、隣接するコマを変形します。

半点棒(3)(4)はドラッグできません。セルとふきだしをドロップすることはできません。(この制限は4.5.7で解消されました)

トグルスイッチ
中央部のドット3つがトグルスイッチで、「強い区切り」を宣言します。
オンにした場合、縦型点棒(2)の位置は横割りに強制変更されます。半点棒(3)(4)の場合、ページ間レイアウト機能である「オーダーメイド/レディメイト」に対してページの先頭または末尾の位置を保持します。

Leave a Comment

Your email address will not be published.