4.5.8をリリースしました

次の機能を追加しました。

  • イメージファイル回収機能
    内蔵イメージから生成されたセルをダブルクリックしてペイントアプリで編集後、元のフォルダではなくデスクトップフォルダに保存してもそれを回収する機能を追加しました。
    「別名で保存」セーブパネルのデフォルトフォルダが元のファイルと同じにならないペイントアプリを使用する場合に便利です。
  • 内蔵イメージ関連バグ修正
    ドキュメントをセーブすると内蔵イメージファイルがロックされてしまい、ペイントアプリでイメージを編集できなくなってしまうバグを修正しました。
    新規画像を追加してドキュメントをセーブすると、直後に再びドキュメント更新フラグが立ってしまうバグを修正しました。
  • ステンシルの内容と透明度変更
    新規セルで作成される初期イメージは通常白紙ではなく、現在のコマの内容を薄くしたものです。
    今回わく線を含めるとともに、隣接するコマのイメージとポップアップされたエレメントも含めるようにしました。
    また、従来よりも透明度を高め、タチキリコマでサイズが大きくなり杉ないようにしました。
  • リロード
    ペイントアブリによって書き換え中のイメージファイルを「不完全なイメージ」として読み込まないための対策をしました。
  • 選択ロック
    インスペクターパネルのボタンで選択をロックして、セルの選択を「外れにくく」することができます。
    選択がロックされると、セルの上にあるふきだしをクリックしてもセルの選択を保持します。
    特定のセルに対する作業に集中したいときに使用してください。
  • ステルス
    非表示にしたエレメントの影を表示するのをやめました。編集画面上でほとんどめだたなくなりましたので、不用になった下描きセルを消すためにこの機能を使ってください。
    従来この目的のためには不透明度を0にする方法を推奨してきましたが、数が多いとうぜーしめんどくさいのでステルス機能を使用してください。
  • その他いくつかのマイナーな改良とバグフィックスを行いました。

Leave a Comment

Your email address will not be published.